FXとCFDの違いは、取引の対象となるものが変わってくるところです。取引を行うシステムはほぼ一緒と言っていいと思いますが、 FXの取引の対象となるものが、株式や債券、指数や株式などといった幅広い範囲での商品の取引を行うことができるのに対して、 FXは、為替によって取引する1点だけが対象となります。先日起こったサブプライムショックによりFX取引をする方が減って 来ているのに対し、CFDの取引は日本に限らず世界各国で注目が集まっていることも、ある意味ではFXとCFDの違いになります。 簡単に言うと、FXのワンランク上がCFDということになりますから、FX取引をされていた方は、CFDを始めるのに、そんなに苦労は しないといいます。ですから、現在は世界各国でCFDを始められる方が多くなってきているのです。インターネットで調べてみると、 FXとCFDの違いを細かく丁寧に説明をしてくれているサイトもありますから、参考にしてみるといいでしょう。メリットの多い CFDですが、よく調べた上で始められた方が賢明だといえますから、疑問が残っているうちは見送るほうがいいという声もあります。